無料健康診断を活用する

無料健康診断を活用する

煙草の害悪

煙草を吸わない人にとって、空気にのって流れてくる煙草の煙は大変不快なものです。
健康に対する意識の高まりにつれて、そのような副流煙が大きな危険をはらんでいることもよく知られるようになってきました。
副流煙を吸い込んでしまうことによって起こる受動喫煙により、煙草を吸わない人でも健康に害が及ぶということなのです。
中学生のころ、学校の授業で見せられたある映像は卒業して何十年も経った今でも思いに残っています。
それは、お腹の中の胎児を撮影した動画だったのですが、母親が煙草を吸うと、胎児は苦しそうに悶えて身をよじっていました。
中学生には衝撃的な映像ですが、煙草の恐ろしさを感じるには十分な映像でした。
副流煙には、喫煙者の吸う煙よりも多くの有害物質が含まれるといいます。
それで、日本では、喫煙をする場所を指定したり、制限したりすることも珍しくなくなってきました。
飲食店では、喫煙席と禁煙席が分けられていることも増え、煙草の煙で食事がまずくなるということも随分減ったのではないでしょうか。
喫煙者にとっては、肩身の狭いことかもしれませんが、喫煙の及ぼす害については軽く考えることなく、しっかりとマナーを守って欲しいと思います。

ピックアップ

関連サイト



Copyright(c) 2017 無料健康診断を活用する All Rights Reserved.